転宅資金を調達する前に自分が働いているかを考える

転宅資金を調達する前に自分が働いているかを考えましょう。
電話相談ダイヤルで転宅資金を調達したい女性の方はどうしますか。
コンビニでアルバイトやパートをして働いていて1ヶ月の収入が4万円だったとしたらどうでしょう。
この前わたしが買い物に行ったコンビニでは若い女性の方が働いていましたが見た目は本当に「安月給」だと思います。
実際に普段の生活は安い給与をもらい続けて就職もしない「フリーター」として位置した「両親から支援を受けないと生活できない」というタイプだと思います。
両親や世話をする誰かに自分を見てもらわないといけない、自分が困ったら誰かに経済的な支援を求めないと生きていけない人だと思います。
そういう方の引っ越し理由は大抵が「ひとり暮らしをして親から離れる」というものですが年間つづけることはできません。
その暮らしを実際に行うと「経済的限界」が訪れるようになります。
経済的限界は「収入が低い」ということと「定職に就いていない」ということです。
すると「500万円以上の物を買えない」とか「300万円以上の生活費が出せない」という事情が出てきて「養育費用がない」とか「土地を買うお金がない」などの問題が襲います。
やがては対人関係にも支障が出るかもしれません。
その内容は「収入が低く定職に就いていない」からだと思います。
さらに30歳前や30歳過ぎで「コンビニバイト」では話になりません。
どうやって就職するのでしょうか?就職活動の経験も無いなら「転宅資金」を調達するのは不可能です。
だって、「返済能力」が無いからです。普通は貸せません。
コンビニバイトやアルバイトの方は素直に就職活動をしてください。

そのために職業訓練とかもありますし、ハローワーク求人を見て企業へ応募したりする「建設的な社会参加」を優先してください。
遊びと自分の自由のために「アルバイトだけでも大丈夫だから」という考え方は危険です。
それで融資を受けると身を滅ぼします。
引っ越し前に注意したい部分ですね。